[note] 2012.06.05

帯留 桔梗 六輪

 

帯留 桔梗 六輪 ¥17,850(税込)

12ヶ月、季節の花を帯留で制作しています。
新しいお花、「桔梗」の帯留できました。
桔梗は9月の花。
秋の季語。
秋の七草。
紫や白色の花を咲かせます。
花の色がイメージできる濃い紫や白の帯締めなんかと合わせたらシャレオツな感じが。

写真をたくさん見て、何度も試作‥試作‥試作‥
めしべ部分なんかも素材違いで作ってみたりとがんばりました。

英名はバルーンフラワー(balloon flower)。
花びらが互いのふちでくっついて、
開花が近づくとつぼみが紙風船のようにふくらむことから名づけられたようです。
僕もいろいろ調べるまでは知らなかったのですが、本当に風船のようなつぼみ!
時期が来ると、いっせいにポンポン風船が弾けるように開花するらしいです。

*6月6日(水)から始まる伊勢丹本館7階催事場「和の事はじめ」でご覧いただけます。
[note] 2012.06.05

帯留 水仙 三輪

帯留 水仙 三輪 ¥17,850(税込)

1月の花。
別名「雪中花(せっちゅうか)」。
雪の中でも春の訪れを告げることから。
素敵ですね、この別名。

とても良い香りがするので、香水にも多く使われているようです。
あの有名な「シャネル no.5」は幻の黒水仙の香りだそうです。
美しい花とその香りで、暖かい春の訪れを知らせてくれるのですね。

また興味深いのは、学名でもある英名「ナルシサス」。
ギリシャ神話の美少年の名前で、泉に映った自分の姿に恋をしてしまい、
毎日見つめ続けたらいつのまにか1本の花になってしまった。
”ナルシスト”の名はここからくるんです。

エリザベス女王即位60周年やロンドンオリンピックで今最も熱い国、
イギリスウェールズ地方の国章の花でもあります。

スッとまっすぐ咲いてる姿は、凛としていて気品が感じられます。

*6月6日(水)から始まる伊勢丹本館7階催事場「和の事はじめ」でご覧いただけます。