[note] 2018.05.13

中島洋一さんの帯締め

 
古典織物・中島洋一さんが三渓園で出展される帯締め
そちらに合わせる帯留を少し前に打合せしました
展示でご一緒した数年前
「松原君の帯留に合う帯締めを作るので
その際は帯留をお借りしたい」とお声掛けをしていただきました
嬉しいながら、驚いたのを覚えています
中島さんの織物は、歴史的背景、素材や機材含め
全ての工程をお一人でされています
色、文様、光沢。その美しさを直接ご覧いただければと思います
ぜひ、工程のお話もお尋ねください
 
(以下、夏じたく過去展掲載文章より)
古典織物とは歴史的織物の総称で、絹を素材とした文様のある織物です
私はそれら現存する古典織物を調査し、歴史的背景を考察します
制作する織物は文様の意味を考え、日本国内に残る蚕品種を吟味し
繰糸方法にもこだわり、天然染料で糸染め手織りします
 
 
日本の夏じたく展
5/17(木)-19(日)横浜三渓園
17日 14:00-18:00
18日 11:00-17:00
19日 11:00-17:00