[note] 2017.11.10

c’era una volta

c’era una volta
イタリア語で、「昔むかし」という意味です
南青山のお店には、アンティークの着物、新しい着物、小物など
オーナーさんの目で選ばれたものが並びます
 
本日から、「ふだん着の楽しみ展」が始まりました
松原の帯留も少し並びます
オーナーさんの姪っ子さんが、数年前に『白詰草六輪』を
とあるイベントで購入してくださったのがきっかけです
 
 
ーーーーーー
オーナーはご主人がイタリアの人なので毎年必ず夏になると
イタリアへ里帰りするのですが、ある時c’era una voltaという
小さなレストランを見つけたのだそうです
その気持ちの良い空間と店の名前の懐かしい響きがずっと心に残っていて
リニューアルオープンの時に今までの「大山キモノ」に加えて
「ちぇらうなぼるた」と名付けました −ホームページより-

ーーーーーー
 
大山キモノ ちぇらうなぼるた・c’era una volta
◾︎東京都港区南青山3-14-9 1F
◾︎0PEN 11:30 to 19:00 CLOSED 火曜日
◾︎TEL 03-3479-8045

[published info] 2017.11.08

越後屋オンライン

 
江戸切子作家の小川郁子さんと取材させていただきました
ある方が初めて帯留を注文してくれたことから始まります
お互いに初期の頃から比べると技術も、繊細さ、見せ方も
成長していると思います
 
毎回、仕上がりの違うガラスに合わせて台座を制作するのは
手間も掛かりますし、数も限られてきます
こんな風に制作してしる帯留は、今もあまり見ないです
小川さんのセンスあるカットが一番ですが
お互いに意見交換して、作り上げてきたものなので
自信を持ってどこにでも紹介できます

 
現在、13日までオンラインで購入もできますので
ぜひ記事も合わせてご覧ください
 
越後屋オンライン

[note] 2017.10.25

新作帯留 まるここのつ

 
まるみっつずつ
ぜんぶでまるここのつ
 
 
 
帯留 まるここのつ
size 約12×12mm

[note] 2017.10.23

帯留 菊三輪

 
実家の小さめ畑から
紫色の『もってのほか』や黄色の食用菊が
送られてくる季節になりました
少し苦味のあるとこが美味しいんです
お湯で湯がくと、さらに色鮮やか
 
 
帯留 菊三輪
size 約23×12mm